イタリアンのハイジュエリーデザイナー「SCAVIA(スカヴィア)」のショップが、GINZA SIX 2Fに期間限定でオープンいたしました。

1911年にミラノで創業したスカヴィアは、イタリア屈指のハイジュエラー。
宝飾界のオスカーと称されるダイヤモンド・インターナショナル・アワードでグランプリを受賞。世界中の顧客から圧倒的な支持を受けています。

-Design & Craftsmanship-

スカヴィアのジュエリーの特徴は、何といってもその個性的なデザインにあります。
他に類をみない空間的で洗練されたデザイン。身につける女性と宝石の魅力を最大限に引き出す優雅なライン、そして斬新なセッティングがスカヴィアのトレードマークです。デザインのインスピレーションとなっているのは、都市・自然・神話…そして何よりそのジュエリーを身につける女性たち。すべてのジュエリーの背景には、ロマンティックなストーリーが潜んでいるのです。

フルヴィオのイマジネーションをジュエリーピースへと昇華させるのが、祖父ドメニコの代からの職人や、親子2代で務める職人など、ヨーロッパ屈指の腕利き達。スカヴィアのジュエリーは、伝統と革新によって培われた職人たちの見事な技術をもって、すべてハンドメイドでつくられています。 現在ではスカヴィアの工房となっているコルソXXIIマルツォ通りの一角において、マエストロ(巨匠)の手によるジュエリー作りが今も守り続けられています。

お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。


Designer
Fulvio Maria Scavia (フルヴィオ マリア スカヴィア)
1949年、ミラノに生まれる。スカヴィア、3代目オーナー兼デザイナー。イギリス宝石学会メンバー。
宝石鑑定士の資格をもちアートコレクターでもある彼の、鉱物学や地質学についての専門的な知識と、独自の美意識がもたらす唯一無二の輝きを求め、顧客名簿には世界各国の王侯貴族やセレブリティが名を連ねる。
1969年、De Beers Consolidates Mines 主催の”DIAMOND TODAY” コンテストにおいて、1位、2位、3位を独占受賞。
その後 1975 年まで毎年受賞。ジュエリー界のオスカーと呼ばれる”DIAMOND INTERNATIONAL AWARD(D.I.A)” が 2000 年の閉幕をむかえるまで、常連のように受賞を重ねる。
2004 年には、イタリア、ミラノ市より、ジュエリー界における彼の貢献と類まれなるクリエイティヴィティに対し、表彰を受ける。