Maison de Nadia

menu

Robinson Pelham

About Robinson Pelham

世界中が熱狂した英国のロイヤルウェディングで、キャサリン妃の耳元を飾ったピアス。
荘厳なセレモニーの中にあって、シンプル、かつ洗練されたピアスは、キャサリン妃の人気と相まって瞬く間に話題となりました。
このピアスこそ、「ロビンソン ペラム ジュエラーズ」によるものでした。

1996年、ジュエリーデザイナー・ジェモロジスト(宝石鑑定士)・クラフトマンという経歴をもつ3人の英国人女性よって、
ロビンソン ペラムはロンドンに誕生しました。

ビスポーク(オーダーメイド)サービスからスタートしたロビンソン ペラムは、永い伝統を誇る英国の高いクラフトマンシップと、女性ならではの自然体で洗練されたデザイン、品質への強いこだわりにより、時代を超えて受け継がれる上質なジュエリーピースを顧客に提供し続けてきました。

その経験と彼女たちの熱い情熱は、2012年より発表しているレディ トゥ ウェア コレクションにも、しっかりと受け継がれています。
ロビンソン ペラムのジュエリーは、飽きのこないウィットにとんだ美しいデザインと背景に潜むロマンティックなストーリー、高い品質に裏打ちされた本物ならではの遊び心をもとめ、多くの大人の女性から高い支持をえています。

ロンドン以外では初めて、日本に上陸をはたしたロビンソン ペラムのジュエリー。
毎年秋に発表されるレディ トゥ ウェアコレクションは大きく以下の2ラインに分かれています。
伝統と格式を感じる、タイムレスで上品なデザインの ‘History’ライン。
遊び心溢れる、ポップでコンテンポラリーなデザインの ‘21c ’ライン。
どれも全て英国内のアトリエで、伝統的手法をもって職人のハンドメイドで制作されます。

ロビンソン ペラムは、歴史に育まれた伝統を大切にしながらも、新しい時代に向かって大胆に冒険・進化をし続ける、現代の英国を象徴する、生粋のブリティッシュブランドです。

〈DIRECTORS〉

[ヴァネッサ・チルトン]
クリエイティブデザイナー。セントラル セントマーティン芸術大学を卒業。
彼女のデザインへの強いこだわりが、ジュエリーはもちろん、インテリア、ディスプレイなど、ロビンソンペラムの世界観を生み出す。
ロンドン在住。

[ゾーイ・ベニョン]
ジェモロジスト(FGA、DGA保有)。 
彼女の宝石への深い知識と情熱が、ロビンソン ペラムのカラフルでポップなデザインを可能にする。
平日はロンドン、週末は郊外の屋敷で過ごす。

[ケイト・ペラム・バーン]
ジェモロジスト。主にビスポークオーダーを担当。アンティークジュエリーへの造詣も深く、顧客からの信頼が厚い。裕福な顧客の家族に代々伝わる貴重な宝石を、鑑定し、新しいジュエリーへと蘇らせる。
ロンドン在住。

〈FLAGSHIP STORE〉

2012年11月、それまでのアポイントメント制サロンから、ブランド初の旗艦店をオープンしました。場所は、ロンドン・チェルシーのエリスタンストリート。瀟洒な通りとして注目されており、閑静な住宅地ながら注目のショップやレストランが軒を並べます。

〈BESPOKE SPIRIT〉 

ビスポーク(オーダーメイド)サービスからスタートしたロビンソン ペラムは、世界に一つの貴重なパーソナルデザインと、卓越したクオリティで、時代を超えて受け継ぐことのできる“Heritage peace”として、美しいジュエリーを顧客に提供し続けてきました。
2012年より発表しているレディ トゥ ウェアにも、そのスピリットは受け継がれています。