news

About Robinson Pelham

世界中が熱狂した英国のロイヤルウェディングで、キャサリン妃の耳元を飾ったピアス。
荘厳なセレモニーの中にあって、シンプル、かつ洗練されたピアスは、キャサリン妃の人気と相まって瞬く間に話題となりました。
このピアスこそ、「ロビンソン ペラム ジュエラーズ」によるものでした。

1996年、ジュエリーデザイナー・ジェモロジスト(宝石鑑定士)・クラフトマンという経歴をもつ3人の英国人女性よって、
ロビンソン ペラムはロンドンに誕生しました。

ビスポーク(オーダーメイド)サービスからスタートしたロビンソン ペラムは、永い伝統を誇る英国の高いクラフトマンシップと、女性ならではの自然体で洗練されたデザイン、品質への強いこだわりにより、時代を超えて受け継がれる上質なジュエリーピースを顧客に提供し続けてきました。

その経験と彼女たちの熱い情熱は、2012年より発表しているレディ トゥ ウェア コレクションにも、しっかりと受け継がれています。
ロビンソン ペラムのジュエリーは、飽きのこないウィットにとんだ美しいデザインと背景に潜むロマンティックなストーリー、高い品質に裏打ちされた本物ならではの遊び心をもとめ、多くの大人の女性から高い支持をえています。

ロンドン以外では初めて、日本に上陸をはたしたロビンソン ペラムのジュエリー。
毎年秋に発表されるレディ トゥ ウェアコレクションは大きく以下の2ラインに分かれています。
伝統と格式を感じる、タイムレスで上品なデザインの ‘History’ライン。
遊び心溢れる、ポップでコンテンポラリーなデザインの ‘21c ’ライン。
どれも全て英国内のアトリエで、伝統的手法をもって職人のハンドメイドで制作されます。

ロビンソン ペラムは、歴史に育まれた伝統を大切にしながらも、新しい時代に向かって大胆に冒険・進化をし続ける、現代の英国を象徴する、生粋のブリティッシュブランドです。

about scavia

デザイン界の巨匠スカヴィア。

彼の研ぎ澄まされた感性から生み出されるジュエリーは、独創的で他に類をみないエレガントなデザインへと昇華します。

“History” Classic Collection

伝統とエレガンス溢れる、タイムレスなクラッシックライン

the designer

Fulvio Maria Scavia (フルヴィオ マリア スカヴィア)

1949年、ミラノに生まれる。スカヴィア、3代目オーナー兼デザイナー

イギリス宝石学会のメンバー

 

宝石の仕入れや、デザインのため、世界中の鉱山や各国の顧客のもとを飛び回る。

宝石鑑定士の資格をもちアートコレクターでもある彼の、鉱物学や地質学についての専門的な知識と、

独自の美意識がもたらす唯一無二の輝きを求め、顧客名簿には、世界各国の王侯貴族やセレブリティが名を連ねる。

2004年には、イタリア、ミラノ市より、

ジュエリー界における彼の貢献と類まれなるクリエイティヴィティに対し、

栄えある賞を受ける。

amazing new

スカヴィアの数ある個性的なジュエリーコレクションの中においても、

アイコン的存在として人気 の高い“Amazing(アメイジング)”に、新たなデザインが登場いたします。

構築的でモダンなデザインはそのままに、

ゴールドやダイヤモンド、サファイアの魅力的な色遣いや、

ほどよいボリューム感が加わった“Amazing New”。

立体的なフォルムとバランス

Scaviaの作品はどれも非常に立体的です。

アルチザン達はハンドメイドでジュエリーのボディーを曲げ、削り、磨いて、

フルヴィオのデザインを作品へと昇華していきます。

Scaviaのデザインを模倣したジュエリーは数多くありますが、本物の芸術品はScaviaだけです。

その完璧な造形美は、ご試着いただいた瞬間に他との違いをきっとご理解いただけるでしょう。

timeless

素材の美しさを最大限に引き出したデザインは

世代を超えて受け継がれるタイムレスなダイヤモンドの輝き。

Timeless

世界的に希少、かつ最高品質のナチュラルストーンに

こだわった宝石の数々が魅了する。

Impression

感動、感銘をそのままにインスピレーションと宝石の出会いがジュエリーとなった

贅沢で美しいコレクション。

Timeless

人類が最初に出会った宝石、真珠。

唯一無二の存在は、地球が育んだ生命の神秘。